スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月5日 長いっ!長すぎるっ!むーりー☆ (第28番礼所 大日寺)

朝6時、お世話になった宿に別れを告げ出発!

今日は30キロくらい歩かないといけないのです!

昨日、ゴロゴロしながら、地図とにらめっこ。

がんばって、31番さんにすべりこみたい~。32番さんから、33番さんまでの

フェリーに乗りたい!34番さんで打ち止めかなぁ~。というところです。

さーて、ちょっとでも先に進んでおかないとなぁ~。です。

予定ではお昼すぎくらいに着く予定。

20110505.jpg 20110505 (1) 20110505 (2)
あるけども
20110505 (3) 20110505 (4) 20110505 (5)
あるけども。。。。

20110505 (6) 
この休憩所。。。大きいけど、、、なんか、怖い!
20110505 (7) 20110505 (8)
海を見ながら、一服。地元のおじさんとおしゃべり~。先を急ぐのです!
20110505 (9) 20110505 (10) 20110505 (11)
20110505 (12) 20110505 (13)
ただいまお昼・・・。

あれ!?
20110505 (14) 20110505 (15) 20110505 (16)
よーやく看板がっ!!!!

近いっ!あと2キロ~~~。
20110505 (17)  20110505 (19) 20110505 (20)
遍路道を進みます。ぐんぐん。(だいぶグダグダ・・・)
20110505 (21) 20110505 (22) 20110505 (23)
20110505 (24)
感慨深い・・・。15時半。

よーやくのお参り。

第28番大日寺。

20110505 (25) 20110505 (26)
でもゆっくりしてるヒマはなし~。
20110505 (27)

ちょっとでも、30番のお寺に近い方がいいかと思ったのですが、体力が限界を迎えているので、今回はちょっと近めの土佐山田の駅のすぐとなり、ビジネスホテルダイワに決定。

そこへさえもたどりつけるか。。。不安。

ゴロゴロしながら、ちょっと進んではまたごろごろ。

とうとう、限界が近づき、タクシーをよぼうかどうしようか悩んでいたところ、

後ろから、お散歩中のおばさまが。

「あんたたちを追っかけてきたー。」

なんと、お接待です!

「あまいもん食べたら元気でるからー!お茶が1個しかなかったから、コップ2ついれといたー。」

なんと!ありがたいっ!白あんぱんを2つ差し入れてくださいました。

やる気でるーーーーー!

駅まではあと少し。とのことなので、がんばることにっ!

ほんとに人ってあったかいのです!

えらいわねー。がんばるのよ。

そのヒトコトで歩けちゃうし!

そこから、30分ほどして、無事に宿につくのでした♪

20110505 (28)

お茶はすぐに部屋で頂いて、あんぱんは明日の朝ごはん♪

はー。

やっぱりビールがおいしーーーーー!そして!

念願の!!!かつおの塩たたき!!!!

20110505 (29) 20110505 (30) 20110505 (31) 20110505 (33)

シップ臭いですが、大満足ナイトです。

足大丈夫かな。。。心配ですが、明日に続く・・・。です。

今日の宿
◆ビジネスホテルダイワ(土佐山田駅)

今日の晩御飯
◆うらしま太郎


↓弁長から大日寺まで↓

大きな地図で見る


↓大日寺から土佐山田ダイワまで↓

大きな地図で見る

今日の工程は東京だと、八重洲から横浜くらいまでだそう。

だいぶ短縮しちゃってますが、この道のり、だいぶ厳しいです。。。

途中の道の駅はあんまりおもしろくなかったです。先を急ぐことおすすめします。

今回はトンネルも無事に音もたてずに歩けたし、橋もたたかず。

かっぱいちというお弁当やさんの向い側の草むらにはなぜか・・・・。

かっぱの銅像!(写真なしです。。。)

とにかく!波乱万丈です!行った者のみあじわえる笑いあり、涙ありなのです!

スポンサーサイト

5月4日 やってきちゃった高知県!(第27番 竹林山 神峯寺)

新宿から、バスに揺られて12時間。

やってきましたJR高知駅!朝9時20分!

10時19分の奈半利線の切符を買って、いざ出発!

なんでか、電車にオープンデッキがあります。そのまま、トンネルも通ります。

なーぜー?しかし、電車はまっすぐと海沿いを進むので、おもしろアトラクションです。

でも、小さいので、座れないまま1時間半・・・。12時間、バスに揺られてきた私達には

なかなか厳しい出だしです(笑)

今回のスタート地点、唐浜(とうのはま)に到着!

駅前で、着替えたり、お茶を飲んだり、地図を見たりしていると、1人のお遍路おじさんが

近寄ってきて、写経をたくされました。「入れてくれるの忘れちゃったから~」とのことでした。

お預かりして、いざ、しゅっぱーつ!

20110504.jpg 20110504 (1) 20110504 (3)
20110504 (6) 20110504 (4) 20110504 (2)
20110504 (5) 20110504 (8) 20110504 (7) 
20110504 (9) 20110504 (10) 20110504 (12) 
20110504 (11) 20110504 (13)

むっむー。1年半ぶりのお遍路さん。そいえば、なにかが変だなぁ。と、思ったら、袈裟を

忘れてきてました(TT)

気を取り直して、プラプラと、唐浜の駅をでて、右に進む。

順路的に向かうと、逆に進んでいるように見えるので、「逆打ちに見られたらどーしよー。」

とかいいながら歩いていると、早速、向こうからきたお遍路さんが、

「逆打ちですか!?」というので、ついうっかり、

「はい」と、妹が。

ウソはいけません!ので、訂正。「唐浜からです」と。

「そこの鳥居が入り口だよ。」と、教えていただき、いざぁ~。

20110504 (14) 20110504 (15) 20110504 (16)

20110504 (20) 20110504 (21) 20110504 (22)

久しぶりの景色です。とはゆっても、アスファルトの道だから、歩きやすいです。

のどかだねぇ~。癒し満載の景色です。

いつの間にか、結構な高さになってます。時々、山道。遍路道の方がショートカットですかね。

だらだら歩くこと1時間半。1時40分。駐車場に到着!

駐車場のお茶屋さんで、荷物を預かってもらいます。

20110504 (23) 20110504 (24) 20110504 (25)

少し上ると、見えましたっ!

27番、神峯寺(のうのみねじ)。静かに貫禄のある入り口は、今回の最初として

テンションがあがります!

最初なので、気合の一撃「ゴーーーーン」

う~ん。すてきな音です。

山水で手を洗って、階段を登って、本堂でおまいり。(本堂の写真わすれちゃったです)

すべてが久しぶりで、お参りの方法が、なかなか思い出せず。。。。

けど、これからの旅が楽しみっ!と、いうワクワク感がわいてきました!

ご朱印をいただいて、明日の道のりのために、少しでも先に進んでおかなくてはいけません!

20110504 (26) 20110504 (27) 20110504 (28)
20110504 (29) 20110504 (30) 20110504 (31)
20110504 (32) 20110504 (33) 20110504 (34)
20110504 (35) 20110504 (36) 20110504 (37)
明日の大日寺まで、37キロ。少しでも近づかねばと、先を急ぎます。

帰りは車道を降りてきました。休憩中のおじさんたちと立ち話をしてから、歩いていると、

いきなりサイレンが!なにごとっ!っと思っていると、ラジオ体操が始まります。

なんだそりゃー!です。健康の街?だそうで、15時にはその場でラジオ体操するらしい。

行きに乗ってきた奈半利線に沿って、ひたすら進むのです!

高知は県道に沿って歩くことが多く、車も多くて、ちょっと怖いです。

ときどき、お遍路さんを見かけます。昨日から入っているのか、前回の高知より、多くの歩き

お遍路さんを見かけます。高知は暑いから、この時期が一番いいころかもしれません。

少し曇っていてくれたおかげで、前回の9月より、気候的には恵まれていそうです。

ひたすら、ひたすら、なんのためにかわかりませんが、進むのです。

休憩したい時はちょっと先の目印を決めてそこまで。とても久しぶりの感触です。

大山岬の道の駅に着く頃には少し陽が暮れはじめ。

イスに座って、今日の宿決め。iphoneお役立ちですわい!

(そいえば、お遍路さん#がTwitterになかったのは残念・・・)

どこが一番安いっかなぁ~と。ネットがあるって、心強い~☆

宿も無事に決まって、ひたすらまーっすぐ進むのです!

18時40分、今日の宿、ビジネスホテル弁長に到着。

あーーーーーーー。疲れたぁ。気持ちいい疲れです。

シャワーを浴びて、さっぱり~。

さーて、ご飯!ご飯!は、下の居酒屋さんで。


ビールがうーまーいー▼≧3≦▼
20110504 (39) 20110504 (38) 20110504 (40) 
20110504 (41) 20110504 (42)
日本酒300円なるものが。ぬる燗がでてきます。銘柄は不明。んまっ!

本日のお宿
◆ビジネスホテル弁長
素泊まり:ツインで1人3650円也

本日の晩御飯
◆遊食楽座
かつおのたたきは売り切れ~(TT)明日こそっ!


↓今日の歩いた距離。↓(1回マイナスを押すと、ちょうど全部見えます。)

大きな地図で見る

明日は5時起き、6時出発です。

9月21日 聞いてないっ!!!(第22番礼所 平等寺)

今日も7時半出発です。

1時間ほど歩くと、道の駅が見えます。前の日から、ソフトクリームの話しが

絶えず・・・。道の駅ならあるでしょ~。と、立ち寄ることに!

そう。朝早いんですよ。うちら。

もちろんのこと閉まってました・・・・・・(T_T)。9時半からですって。

中を覗くとお菓子がずらり・・・・。う~ん。お手洗いだけお借りして、出発!

今日の道のりは長いっ!!!!

P9210174_R.jpg

先を急ぐのです。

っと、思ったら。。。。。

いきなり山登り!!!!!!!!!!!!!!

聞いてないっ!!!!!!!!!!!!!!

今日はとにかく平らな道をひたすら歩く予定だったのです。

こんな朝っぱらから、山登りする予定じゃないのです!

っと、いったところで、進むしかないので進みます。

P9210176_R.jpg
いきなり道をふさぐ木が横たわってます・・・。

P9210186_R.jpg

竹がぶつかりあって、すごい音がします。

P9210187_R.jpg

山道に入ると一気に汗が噴出します。独特。すぐに虫が寄ってくる・・・。

この山道、短いとはいえ休憩のベンチが全然見当たらない。

道もあまり舗装されておらず、黙々と進むしかありません。

山を抜ける手前で、一昨日、昨日と同じだったおじさんを見かける。

思いがけず山道でしたね。今日は平かと思ってました。

ね。先にいっていーよ。

みんな自分のペースで進まないといけません。

P9210193_R.jpg

山をぬけるとステキな田園風景です。ようやくのベンチ!

もちろん休憩です。妹はまめがとても痛そう・・・。

のどかです。鳥の声だけです。癒えます。

休憩をしながらおじさんを待ちます。いっくら待ってもこないっ!!!

大丈夫だろうか・・・。と、妹が毒づいた瞬間、金剛杖がたんぼにっ!!!

バチが当たってましたw。しばらくするとひょこ2おじさん登場。

無事でなにより。おじさんは水を飲み飲み、血豆が痛いとのこと。

リタイア気味です。いきなりの通しは無謀計画のようですw。

P9210197_R.jpg
その後は舗装された道をせっせと進むこと30分くらい(だったハズ・・・・)

P9210199_R.jpg

来ました!22番礼所平等寺。結構前に進んできました♪

一礼。

スタンダードな阿吽さまにお辞儀をしていざお参りです。

P9210200_R.jpg

P9210209_R.jpg

P9210206_R.jpg

ここも天井絵が綺麗です。納経を済ませて、うぁ~と、空を仰ぎながら一服。

9月20日 気を抜くことなかれ。(第20番礼所太龍寺)

21番礼所太龍寺にはなんと、ロープウェイが通っています。

今回は若干、観光気分を兼ねてしまっているので、ロープウェイに乗る気まんまん!

と、思ったのですが。。。。遍路道をたどるともちろん行かれず・・・。

結局歩いて登ります・・・。地図が読めないってことは不便です。

大きな橋を渡ります。つりきちはどこにでも出没します。

綺麗な川を独り占めで気持ちよさそうでした。

P9200094_R.jpg P9200096_R.jpg
P9200106_R.jpg

そしてまた山の中。

で、休憩中。鶴林寺からは6.5キロ程。約3時間。お参りに間に合うか心配です。

でも、休憩です。
P9200120_R.jpg P9200117_R.jpg
歩いていると時々西日が差してとても綺麗です。

P9200128_R.jpg

道は整備もされているし、ベンチも多く休憩しながらいけますが、なんにせ

時間がありません。しかも、最後に急坂の文字。

先は急がねば・・・・・・・。

途中でくつろいでいると、さっきのおじさんに越される。

ゆっくりでも進んだもの勝ちです。

急坂、、、、。急坂です!。その下にちゃっかり、さっきのおじさんの荷物笑。

荷物の多さが欲の多さです。最小限に致しましょう笑。

ちなみ、急坂の下に荷物を置いても戻ってくるので大丈夫です。

ロープウェイで登ったとしても、帰りは歩いた方が遍路道に戻りやすいそうです。

じゃないと、宿につかないかも。うちらは坂口屋さんでお世話になります。

話しを戻して急坂をヒーーーーヒーーーーーいいながら上ります。

16時30分。坂を終えて、階段・・・・。

P9200134_R.jpg

来たどーーーーーーーーーーーーーーー。
P9200137_R.jpg

気を抜くなかれっ!!!!!!!

山門で一礼。間に合ったぁーーーーーーー。と、思ってはいけません。

ここから更に坂を登ります。ホッとした気持ちにそれはだいぶ厳しいです。

まさに難所!時間的にも難所!オーーーノーーーー。な感じです。

でも、間に合わずに明日リベンジするのだけはムリです!!!!

なので、ブツブツいっても、時間に限りがあるので登るしかありません。

16時50分。納経所。

間に合ったぁ~。
P9200141_R.jpg

さすがお寺の名前に龍があるだけあって、ステキな天井龍★

さて。







本堂は100段くらい登る階段ですよ。

ロープウェイでくると、正面の門まで遠回りなので若干ご注意を。けど、本堂に続く

階段の目の前には出られます。

鐘の下を通って本堂に続く階段を登ります。

鐘はお参りの前につかなければいけません。

(お参り後につくのは縁起が悪いそうです。ロープウェイを使う方はお気をつけください。)

P9200144_R.jpg P9200147_R.jpg

気を取り直してお参りです。階段を上ると、ステキなお庭が広がります。

写真ではわからないですが、夕暮れ時でとても綺麗です。

さっ、暗くなる前に下山せねばっ!

と、ちょっとしたハプニングがあり、真っ暗です

P9200159_R.jpg

途中で出会ったお遍路さんが小さいライトを持っていたので照らしてください

ました。超ありがたいっ!!!!

結局2時間弱程で宿の明かりが見えてきます!!!!手前の龍山荘です。

明かりすごいっ!!!救われます。超こわかったです。

龍山荘を越えるとすぐに今夜お世話になる坂口屋さんです。

お願いしまーす。遅くなってすみません。

宿の方がすぐに食事の用意をしてくださいました。

荷物を置いてすぐに食事場へ行くと、あのおじさんが!

心配してくださってたそうです。宿の方にも聞いてくださったそうです。

すみません。以後気をつけます。

怖かったねー。の一杯です笑。今日はほんとにがんばったので一杯飲みます★

090920DVC00028_R.jpg P9200162_R.jpg

海老がプリプリで最高でした♪

明日の朝ごはんを6時半でお願いして、今日はさすがにお風呂に入って寝ますれす。

本日:歩いた距離、20キロくらい

坂口屋:0884-35-1201

theme : 四国遍路
genre : 旅行

9月20日 厳しい・・・・。(第20番礼所鶴林寺)

朝7時半出発。

20090920074610


鶴林寺と書いて”かくりんじ”と読みます。つるりんじの方がかわいいのに。

今日の行程は「1に焼山、2にお鶴、3に太龍」といわれる難所の2個に挑みます。

立江寺から鶴林寺は約5時間13・5キロ。

090920P9200059_R.jpg

舗装された道を永遠と歩きます。

途中の無料休憩所で83回目というおじさんに出会う。60リッターのリュックには

テントやら毛布やら。足元・・・・。

スリッパ!!!!

頭がおかしいとしか言いようがない。。。。「やめたらいんだ。楽だし。」

「いこうかな、やめよかな」愛媛から来てるらしい。「帰ったらいんだよ。楽だもん。」

「でも、帰ったら歩きたくなるんだよ。」と、完全にお遍路病にとりつかれています笑

高知から初めて来たというおじさんも足の裏が豆まみれ。1日泊まって行くとのこと。

やはり、徳島はお遍路さんが多いらしい。逆から来た人からするとホッとするそう。

83回だけあって、地図はすっかり頭の中に。4キロ行ったらローソンあるわ。

と教えてくださいました。旅館のおかみの機嫌は天気に左右されるとか。

お遍路ネットワークがあるらしい。皆さん結構お知り合いのようです。

今日はなかなか厳しい行程なので、おじさん達に別れを告げ先を急ぎます。

しばらく行くと、道路の向こう側からおばさんが「ちょっと待って」と大きく手を振っている。

車が過ぎるのを待って、駆け寄ってくる。

「お接待させてくださいな」笑顔がステキなおばさんです。73歳とは思えません。

手作りのティッシュカバーとおばさんの好きな言葉のメモ。「がんばってね。」

「ありがとうございます。」お参りにいけない代わりにお接待をするそうです。

ほんとにステキな笑顔なのです。

090920P9200063_R.jpg

稲と彼岸花。彼岸花がとにかくたくさん咲いていてとても綺麗です。

となりのローソンでしばし休憩。道路が単調。しかも歩き遍路はうちらだけ。
090920P9200068_R.jpg

DVC00022_R.jpg

11時20分頃入山です。

DVC00023_R.jpg DVC00025_R_20090929000500.jpg DVC00026_R_20090929000500.jpg 

山に入ると独特の汗がどっと噴出します。たまに吹く風が本当に気持ちいい。

先を急がなきゃいけないのに、ベンチベンチで足がとまります。

少ししか歩いていないのに、ずいぶん高いところに着きます。

つらすぎると忘れてしまうのでしょうか笑。どれだけ足が痛かったか思い出せません。

13時。20番礼所鶴林寺着。お寺の名前にちなんで、あうん様も鶴です。

かっこいいですね。鶴は夫婦になると一生同じパートナーと番だそうです。

090920P9200072_R.jpg 090920P9200073_R.jpg 090920P9200075_R.jpg 090920P9200080_R.jpg

モチーフのたれまくもステキです。参拝をし、納経へ。

納経の方に太龍寺は間に合いますか?と聞くと「余裕だよ。」とあっさり。

他のお遍路さんたちが次々と「若いのにえらいわね」「がんばれ」と。

昨日のおじさんも無事に到着したようです。みんな元気です。

さて、時間に限りがあります。いきましょーかね。

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
プロフィール

あいごん

Author:あいごん
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ご訪問ありがとうございます。
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。